ファンタジスタになれ!その意味は!

ファンタジスタになれ!その意味は! ファンタジスタ

その響きは、サッカーを愛するものなら
一度は憧れたことあるフレーズ。


見る者を魅了し
そして、感動させるプレーヤーにのみ送られる称号です。


そんなファンタジスタ。

あなたも仕事やネットビジネスで輝きたいなら、
ファンタジスタになるべきです。


スポンサードリンク



ファンタジスタの意味



サッカーを見ていると、
みんなが好きに考えて
好きに動いているように見えますよね。


ですが、実はそうではありません。


そこには、緻密なまでの約束事があります

誰かがボールを持ったら、
誰かが走る。


誰かが上がれば、
誰かが下がる。


敵にボールが渡れば、
誰と誰があたりに行く。


そんな約束事がビッシリです。

それが戦術です。

つまり、サッカーは基本的には
監督の戦術にそい行動しています。


なので、監督はロジカルに戦術を立てます。


ですが、そのロジカルな戦術でも
局面が打開できない時があります。

なぜなら、ロジカルであればあるほど、
相手にその行動が読まれやすいからです。


そんな時、
局面を打開できるプレーヤーが必要となります。

それがファンタジスタと言われるプレーヤーです。


彼らファンタジスタは、ロジカルな戦術を好まず、
感覚や直感を大切にします。


ロジカルな戦術で行けば、
パスを出すところを、
ドリブルで突破してみたり、
誰もが想像もしない方向にパスを出してみたりと。


ファンタジスタによる、
独創的な直感的なひとつのプレーで
相手のロジカルな戦術は狂わされ、
ゴールを許してしまいます。
PAK82_golashitasakka-boru20140102500-thumb-260xauto-4039

そう、
ファンタジスタの意味は、
創造、感覚、直感、独創的なプレーをする選手ということ
です。




ファンタジスタの欠点



そんな万能かとも思われるファンタジスタですが、
欠点もあります。

それは、あまりにもプレーが独創的で感覚的なため、
味方の選手がその感覚にシンクロできないと、
味方の戦術が崩壊してしまう
恐れがあるということです。


この部分を監督は恐れ、
一時、サッカー界からファンタジスタが迫害されました。

その時代が、悲しくも
あの稀代のファンタジスタ
ロベルト・バッジョの全盛期でした。

あれだけのファンタジスタを使いこなせる監督がいなかったため、
バッジョはあれだけの選手にも関わらず、
不遇な時間を過ごすハメとなりました。




ファンタジスタになれ!



あなたがもし、仕事やビジネスで成功をおさめたいのなら
ファンタジスタになるべきです。

ここで言うファンタジスタは




他の社員や他のビジネスマンがするようなことを
するなということです。


そして、習慣化された仕事や作業に
疑問を持つということです。

常に、いろんな想像を働かせ、
先の先を創造するということです。





例えば、アフィリエイトで商品を紹介する際、

多数の者が
激安!〇〇
と、紹介しているなら、



痩せたいなら〇〇!

とか、違った観点からアプローチを図るようにする。


このように、少しずつ、人違う観点を持つようにしていくべきです。
MAX87_uewoyubisasuha-hu20140531500-thumb-1050x700-4972


同じ観点でしかアイデアを出せないのであれば、
あなたがその会社にいる存在意義はないのです。
代わりのものなんていくらでもいます。

ですが、職場やネットビジネスにおいて、
独創的な、あなたにしか出せないようなアイデアを出せば、
あなたの存在が大切になります


誰もあなたを迫害することはできません(笑)


なので、
ビジネスで成功したいのなら、
ファンタジスタを目指してください。


ちなみに、スーツで行かなければならないところを
短パンで行くのは、
ファンタジスタではなく、

ただの変わり者ですよ(笑)





--------------------------------------------------------------------------------

・子供が補欠でサッカーの試合に出してもらえない!
・子供が全然サッカーの練習しない
・このまま子供にサッカーを続けさせても良いの?
・今下手くそでも、いずれ上手くなるのかな?
・親がサッカー経験者じゃないので子供にどう教えて良いか分からない



そんなことで悩んでいませんか?


僕も同じようなことで悩んできた一人です。

レギュラーになれないのに
全然練習しない息子。

お世辞とは言えないくらいの運動音痴


子供に当たることもあったり
大声で怒鳴り散らすこともありました。


本当に辛くなって

このままサッカーを続けさせても
家族みんな辛いだけじゃないか!
と思って、
何度子供にサッカーを辞めさせようとしたことか・・・


だけど、
今では少しずつ認められ
サッカーの試合にも出られるようになり、
活躍もするようになってきました。

リフティングも176回出来るようになりました。


ブログには書けない
いろんな辛かった出来事、悲しかった出来事

特にレギュラーの親との確執や
レギュラーの子供から言われた心無い一言
などなど、


あまりブログで書くとバレちゃうとダメなので
メルマガでしか書かない話もあります。


その他にも
運動音痴でダメダメだった僕の子供が
サッカーが上手になった方法論や
思考法、
高校サッカーで全国大会に何度も出場した選手に教えてもらった

本当に大事なサッカーの練習のコツなどを
メルマガでは紹介しています。


登録はもちろん無料です。

僕のメルマガを読んでみて、
不要だと思ったら、即解除も可能です( ;∀;)

面白そうだなー
って思われたぜひお気軽に読んでみてください。


登録はこちらから


コメントを残す