子供のサッカーチームのレギュラーの親から言われた一言が許せない!けど…はぁ?????

悪気はないとは思うけど、
その言葉、マジで考えて言ってる?


そう言いたくなる出来事がありました。


どうも、トモです。


子供のサッカーの試合を見に行くと
どうしても必要なのが、
親同士の繋がり。


それはわかる。

僕だって別に嫌いじゃない。



だけど、
もうちょっと考えて発言してほしいなー
って時が多々ある。


特に、
レギュラーの子供の親の発言。


ってことで、今回は、
先日あった
めっちゃムカついたレギュラーの子供の親の一言について
書こうと思う。

スポンサードリンク



レギュラー不在でした

こないだの試合、
レギュラーの子供がケガをしてて出場できなくて
毎度ベンチの僕の子供と他の子供が順番で出たりしてたんだけど、



僕たちいつも補欠の子供の親としては
やっぱり出場機会があるって
凄い嬉しい。





もちろん、
ケガをした子供には悪いので


ケガしてくれてラッキー!


なんてこと、絶対に言わないけど。


それが礼儀だし、
人としてだと思ってる。



もちろん、
変わりにサッカーの試合に出場する
僕の子供や他の子供もレギュラーに比べて
戦力が落ちるのも重々分かっている。



だけどさ、
それも当然だと思うんよ。


だって、
小学生の頃から、レギュラーって固定されて
しかも
試合になっても、全然使ってもらえない。


そんな状況で
どうすればベンチの子供たちが上手くなるだろうか?


なるはずがない!


上手い子供がどんどん試合に出て
下手な子供は試合に出れない、経験できない。


その差が広がっていくのは当たり前じゃないか!



もっと子供たちにチャンスをくれよ!

っていつも思う。


まぁそんな僕の愚痴というか腹立ちさはおいておいて、
それよりもムカついたことがあったんですよ!


それは・・・


そこまで勝ちにこだわる必要ありますか?

こないだの試合はね、
県外の強豪チームとの試合だったんだよね。




で、僕たちのサッカーチームは
レギュラーがケガで欠場している
コーチが不在で代理のコーチが指揮を執った


ということもあって
負けちゃった。



僕としては
勝ち負けよりもどれだけ出来るか?
ってことが大事だと思ってんだけど。



もちろん、今としてはよ。


別に大きな大会でもないし
自分のレベルや上があるってことを知ることの方が大事だと思ってる。



ただもちろん
負けたら負けたでそれは悔しいけど、
それが今の実力だし。


しゃーないやん


って思ってる。


だけど、
あるレギュラーの子供の母親が言うのよ。



『今日の実力がうちのチームの実力だとは思わないでほしい!
本当は隠し玉がいて、その子供がケガで出場してないだけ。
本当はもっと強いんやでー』



って。



その言葉聞いて、
今まで仲良く話していたママさんたちが
真っ二つになりました。



『そうよねー』

と、同調するママ


『・・・・・』

黙って知らん顔しているママ
に。



もちろん、
黙って知らん顔しいてるママの大半が
ベンチの子供たちの親なのは言うまでもない。

スポンサードリンク



愚痴りたい気持ちもあるけど・・・

『いや、そりゃーね、
戦力は落ちてるよ。
すまんかったね。僕の子供が出場して!


だけどさー
1人出場できなかったくらいで
負けちゃうレギュラーさん達の実力ってどうなの?

と言いたい!


と言いたいところを
僕はめっちゃ我慢してたけど。


黙って、
このオバハン、一体どういうつもりで言ってんだろうか?


あんたの言ってる言葉って
裏を返せば
ベンチの子供たちのことをバカにしてんだよ!


よくそれを
ベンチの親の前で言えるなと。


マジでムカついた。


ただ、
そう言っても、なんにもできない。


僕たちのできることは
子供がサッカー上手くなって
レギュラーになって、
チームの戦力を上げることだけだって思う。


こんなこと言わせたい奴には言わせておきましょう。

いつか見とけよ!

そう心の中で思いながら、
ぐっと耐えてます。


ただ子供は


『サッカーの試合に出場出来て楽しかった!』


って言ってたのでそれが救い。


そして

『また試合に出たいから、レギュラーになるために頑張る!』

って言うてるので
ビシバシ褒めて鍛えますw


ええ子供に育ったorz
ホンマに頑張り屋さんに育った。

僕はそれだけで嬉しい。
そう言ってくれただけで嬉しい。




ってことで、
もし同じことで腹を立てているなら
もう放っておきましょう。



そんな人は絶対にどこにでもいますからね。


そんなことで腹を立てて
イライラとストレスを貯めるよりも


そんな人を反面教師にして
自分たちの人間力を鍛える材料にしましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

・子供が補欠でサッカーの試合に出してもらえない!
・子供が全然サッカーの練習しない
・このまま子供にサッカーを続けさせても良いの?
・今下手くそでも、いずれ上手くなるのかな?
・親がサッカー経験者じゃないので子供にどう教えて良いか分からない



そんなことで悩んでいませんか?


僕も同じようなことで悩んできた一人です。

レギュラーになれないのに
全然練習しない息子。

お世辞とは言えないくらいの運動音痴


子供に当たることもあったり
大声で怒鳴り散らすこともありました。


本当に辛くなって

このままサッカーを続けさせても
家族みんな辛いだけじゃないか!
と思って、
何度子供にサッカーを辞めさせようとしたことか・・・


だけど、
今では少しずつ認められ
サッカーの試合にも出られるようになり、
活躍もするようになってきました。

リフティングも176回出来るようになりました。


ブログには書けない
いろんな辛かった出来事、悲しかった出来事

特にレギュラーの親との確執や
レギュラーの子供から言われた心無い一言
などなど、


あまりブログで書くとバレちゃうとダメなので
メルマガでしか書かない話もあります。


その他にも
運動音痴でダメダメだった僕の子供が
サッカーが上手になった方法論や
思考法、
高校サッカーで全国大会に何度も出場した選手に教えてもらった

本当に大事なサッカーの練習のコツなどを
メルマガでは紹介しています。


登録はもちろん無料です。

僕のメルマガを読んでみて、
不要だと思ったら、即解除も可能です( ;∀;)

面白そうだなー
って思われたぜひお気軽に読んでみてください。


登録はこちらから




※このメルマガで紹介していることは 僕と僕の子供が実際に試した結果 効果があった方法です。
スポンサーリンク
運動音痴で補欠だった子供でもサッカーの試合に出て活躍できるようになった方法とは?

・子供が補欠でサッカーの試合に出してもらえない!
・補欠の愚痴を話すところが無い!
・子供が全然サッカーの自主練習しない
・このまま子供にサッカーを続けさせても良いの?
・今下手くそでも、いずれ上手くなるのかな?
・親がサッカー経験者じゃないので子供に何から教えて良いか分からない

そんなことで悩んでいませんか?

僕も同じような問題で悩んできた一人です。

試合に出たいと悔しがる息子。

だけど、
全然、自主練をしない息子。

お世辞とは言えないくらいの運動音痴

子供に当たることもあったり
大声で怒鳴り散らすこともありました。

本当に辛くなって

このまま子供にサッカーを続けさせても
家族みんな辛いだけじゃないか!
と思って、
何度子供にサッカーを辞めさせようとしたことか・・・

だけど、
今では、格段にサッカーが上手くなり
チームメイトやコーチから少しずつ認められ
サッカーの試合にも出られるようになり、
ゴールやアシストを決めたり、
ドリブルで相手をぶち抜けるようになってきました。

なぜそんなにも激的な変化があったのか?

それは、
子供にやる気を出させる方法やサッカーの練習のコツを知って
それを実践したからでした。

もしその方法に出会ってなければ
もしかして今頃、
子供はサッカーを辞めていた
と思います。

また僕たちの今までの出来事の中には
ブログには書けないくらいの
いろんな辛かった出来事、悲しかった出来事

特にレギュラーの親との確執や
レギュラーの子供から言われた心無い一言
などなど、

あまりブログで書くとチームバレしちゃうため
表立って書けない話もあります。

だけど、
絶対に同じような境遇の子供達はたくさんいるので
そんな辛いことはもう無くしたい。

だからこそ、
沢山の人に知って欲しい
と思ってます。

また、
僕自身がそうであったように
補欠の子供、補欠の保護者は本当に立場が弱いです。

言いたいことも言えず、
誰かに話す事も相談することも出来ません。

なぜなら
『あなたの子供がサッカーが下手だから悪いんでしょ』

相談してもそう言って突き放されるだけだからです。

そういった僕と同じような悩みを持つあなたと一緒に
情報を共有し
子供達にとって何のプラスもない補欠制度を無くしたい!

そう考えて
僕はより深い話が出来るように
情報を共有できるように
メルマガを発信しています。

登録はもちろん無料です。

僕のメルマガを読んでみて、
不要だと思ったら、即解除も可能です( ;∀;)

面白そうだなー
って思われたぜひお気軽に読んでみてください。

       登録はこちらから
            ↓   ↓   ↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事