サッカーでいつもベンチの子供の親が本音で語る物語

サッカーで左利きの選手が最適なポジションは?これがポイント!

この記事は3分で読めます

サッカーで左利きの選手が最適なポジションは?これがポイント!あなたは右利きですか?
それとも左利きですか?


左利きは人口比率で言うと
約1割
らしいです。
PAK75_ipaddoctor20141025131129500-thumb-1200x800-5632

つまり10人中1人が左利きということになります。

この比率が多いか少ないかは
個人の判断ですが、
基本的に、
左利きはマイノリティーですよね。

つまり、少数派

少数派なため、
スポーツにおいて、
左利きは有利だと言われています。

それは、もちろん
サッカーにおいても左利きは有利です。


どうしてサッカーで左利きの選手が
有利かわかりますか?

また、どのポジションが一番適している
と思いますか?

一緒に
考えていきましょう。

スポンサードリンク



サッカーで左利きが有利な理由とは?



先程も述べたように、
元々、左利きは
人口の約1割です。

それだけ、少数派です。

少数派ということは、
つまり出会うことが少ないということです。

ただでさえ、人口の1割なのに、
そこからまた、サッカーをする左利きとなると
割合は、ぐっと下がります。

そこに、サッカーにおける
左利きのメリットが生まれます。



つまり、右利きの選手にとって、
左利きの選手と対戦することが少ないということです。

対戦することが少ないということは、
絶対的な経験値が少ないので
感覚が掴みにくい
のです。

僕も左利きの選手と
対峙したことがあるのですが、
本来、右利きの選手なら
絶対に取られないようなところに
ボールを保持していても
左利きの選手には届いたりします。
a0001_009736

また、リズムが違います。

ちょっと言葉では説明できないのですが、
リズムが違うので、ドリブルとかを止めにくいのです。


でも、こういった違いは、
左利きの選手からしても同じやん!

って思うかもしれませんが、
それは違います。

左利きの選手は、
普段から練習する際、
相手となるのは、ほとんどが右利きの選手です。


なので、左利きの選手からすれば
慣れることができます


でも、その逆はできません。
右利きの選手が左利きの選手になれることはできません。


そういったことから、サッカーで左利きは有利です。


では、そういった左利きの選手を
どのポジションで起用するのが一番最適なのか!
これを考えてみましょう。


スポンサードリンク



人間の骨格


サッカーで左利きの選手のポジションを考えるなら
人間の骨格の動きも参考にしないといけません。


例えば、
人間の股関節は、外側に開くより
内側の方に蹴りやすいようになっていますよね。

インサイドよりもアウトサイドの方が蹴るの難しいでしょ。

そういった問題があります。

この骨格の動きを念頭に入れておいてくださいね。



左利きは右サイド?左サイド?



さて、それでは、
サッカーで左利きの選手を
どのポジションで起用するのがいいかといいますと、

ズバリ言うと、
選手の特徴によります。


例えば、

サッカーで左利きの選手のメリットを普通に考えると、
正面を向いたとき、左から右サイドにボールを蹴りやすい
という利点があります。

つまり、センタリングを考えた場合、
左利きの選手は左サイドで起用したほうが、
そのまま、センタリングを上げることができます。

a0001_009711

もし、逆に、右サイドで起用すると、
一旦、切り返してからしかセンタリングをあげれません。

ここでは、逆足、つまり右足では蹴らないと仮定しています。


つまり、一度、切り返しをしなければならない為、
時間のロスになるというわけです。


それでは、左利きの選手は左サイドで起用したらいい!

そういう答えになるかといいますと、
そうはなりません。


今のは、あくまでも、
センタリングというワンプレーにおいてのメリットです。


例えば、
シュートが得意な選手なら、

基本、サイドから中央に切り込んで、シュート

a0001_009675

これが理想的なパターンです。

この場面を考えた場合、

左利きの選手が左サイドでプレーしていた場合、
中に切り込んだとしても、
左足でシュートとなると、
前述した
股関節の動きの問題で、
シュートコースの選択肢が狭まります。



なので、左足でシュートする場合、


右サイドから中に切り込み、左足でシュート

これが、左利きの選手の理想的なパターンです。

右サイドから切り込めば、
左足でシュートを打つ場合、
体の内側に足を蹴り込むからです。

この場合、シュートコースは無限にできます


スポンサードリンク



まとめ


つまり、
サッカーで左利きの選手が最適なポジションは、
決まったポジション等ではなく

重要なポイントは、
利き足に関係なく、
その選手がどんなプレーが得意なのか
ということが重要です。


足が早く、正確なクロスが上げれるのなら、
左サイドで起用するのが一番だし、

中に切り込んでのシュートが得意な選手なら
右サイドで起用するべきです。



ちなみに、右利きで見ると、
香川選手は、左サイドでプレーして
中にドリブルで切り込み、
右足でシュート。

これが得意ですよね。

なので、左サイドで起用する方がいいですよね。


また、これはサッカーだけの話ではなく、
仕事でも同じです。

どこの部署でも、どのポジションでも
自分の得意な形に持っていくことが大切です。

文書作成が得意なら
文書作成でアピールすればいいし、
プレゼンが得意なら、プレゼンを活用すればいいのです。

いかに、自分の形を作れるか!

これが、大切です。

自分の得意な形さえ持っていれば、
自信にもつながりますよ~。

 
 

--------------------------------------------------------------------------------

・子供が補欠でサッカーの試合に出してもらえない!
・子供が全然サッカーの練習しない
・このまま子供にサッカーを続けさせても良いの?
・今下手くそでも、いずれ上手くなるのかな?
・親がサッカー経験者じゃないので子供にどう教えて良いか分からない



そんなことで悩んでいませんか?


僕も同じようなことで悩んできた一人です。

レギュラーになれないのに
全然練習しない息子。

お世辞とは言えないくらいの運動音痴


子供に当たることもあったり
大声で怒鳴り散らすこともありました。


本当に辛くなって

このままサッカーを続けさせても
家族みんな辛いだけじゃないか!
と思って、
何度子供にサッカーを辞めさせようとしたことか・・・


だけど、
今では少しずつ認められ
サッカーの試合にも出られるようになり、
活躍もするようになってきました。

リフティングも176回出来るようになりました。


ブログには書けない
いろんな辛かった出来事、悲しかった出来事

特にレギュラーの親との確執や
レギュラーの子供から言われた心無い一言
などなど、


あまりブログで書くとバレちゃうとダメなので
メルマガでしか書かない話もあります。


その他にも
運動音痴でダメダメだった僕の子供が
サッカーが上手になった方法論や
思考法、
高校サッカーで全国大会に何度も出場した選手に教えてもらった

本当に大事なサッカーの練習のコツなどを
メルマガでは紹介しています。


登録はもちろん無料です。

僕のメルマガを読んでみて、
不要だと思ったら、即解除も可能です( ;∀;)

面白そうだなー
って思われたぜひお気軽に読んでみてください。


登録はこちらから


あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録はこちら

ブログ更新情報や

ブログでは書けない
サッカーの補欠の悩みや
テクニック上達法などを
メルマガで紹介しています。

⇒メルマガ登録はこちらから

管理人

20141023_132631

サッカーの試合で毎回補欠の子供を持つ
トモです。

子供がいつもベンチだと親としては凹みますよね。
どうすれば子供がレギュラーになれるのか?
どうすれば子供がサッカーを楽しめるのか?
そんな時、親はどうすれば良いのか?
そして、
元凶である補欠撲滅を目指し活動内容
などについて
経験談を書いてます。

詳しいプロフィールはこちら

ブログランキング

役に立ったらポチッと押してください


少年サッカーランキング

おかげ様で、ブログランキング1位になりました!

Twitter始めました!

サッカーでの気づきや

補欠撲滅に向かって

日々つぶやいています。

フォローやDMもお気軽におねげーします^^

RETURN TOP