サッカーで補欠の子供を持つ親の本音をぶっちゃけてみた!どうも、トモです。

早速だけど、今回は、
サッカーで補欠の子供を持つ親の本音を書いていこうかなと。

なぜこんな話題になったのか?
って言うと、

メルマガ読者さんとよくメールとかでやり取りしているんだけど
本当にね、補欠の親は本音を言えないというか
誰にも相談できません。

なぜなら
今の日本では

『試合に出してもらえないんだよね。。。』

と言っても、返ってくる言葉は99%

『努力が足りないからでしょ』

だから。

まぁ中には
『そうなんだ、可哀想だね』
と言ってくれる人もいるけど、

結局それは話を合わせてくれているだけというか。。。
中には、本音で言ってくれる人もいるだろうけど
どうしても卑下してしまうというか、、、

ってことで、それなら
サッカーで補欠の子供も持つ親である僕が
ブログでぶっちゃけてみよう
ってことで今回のテーマになりました。

それは違うだろ?
ってこともあるかもだけど、

100%理解してもらうのは無理だと思うけど、

補欠の親の本音としてまずは聞いて欲しい
そして受け止めて欲しいなー
って思ってます。

スポンサードリンク



チームが試合に勝とうがどうでも良い

これはねーホンマ
最初からぶっちゃけるけど



こっちのブログでも書いたけど



本気で思ってる。



自分の子供が試合に出してもらえないのに
チームが勝とうが負けようがどうでも良い
としか思えない。

いや、どちらかと言えば
『早く負けて欲しい』

って思ってる。

なぜなら、
負けた方が早く帰れるから!

ええ、黒いですよ、ダークですよ( ̄▽ ̄)


子供達が頑張っているのに
そんなこと思ってるのか?
って言われそうだけど、


だけどね、
自分の子供が全然試合に出してもらえないのに
なぜ、


チームよ、勝ってくれ~<(_ _)>

なんて思える?って話ですよ。


チームが負ければ
試合数も減って早く帰れるんですよ。

もしくは
順番が早く消化されるので
早く終わるのです。


ハッキリ言って
自分の子供が出てないサッカーの試合なんて
これっぽちも興味ないし、
辛いだけですよ。

夏は暑いし、冬は寒いし。
こんな環境に耐えても
我が子は試合に出ないし。

本当、体力的にも精神的にもしんどいだけですからね。



そりゃーね、
チーム自体がローテーションで子供達全員を試合に出しているなら
そんなことないですよ。

真夏だろうが、真冬だろうが
頑張って応援もするよ。


それに
あ、今回は、補欠だけど
次の試合では出るな
って思えるなら、
そりゃー応援もするし、
勝ってくれ~
って祈りますよ。


イングランドのフーリガン以上に応援したりますよw


だけどね、
現実は全然不幸で

メンバー固定で
ずっと試合に出ている子供は3試合も5試合も出ているのに、

我が子は、その間ずっとベンチに座っているんですよ。



しかも
ハーフタイムになれば
試合に出ていた子供に水筒を健気に配ってる。

試合に出してもらえないのに
ハーフタイム中のミーティングにも直立不動で参加して。。。

で、試合が終われば反省点を言わされ。。。

おいおい、試合に出てないのに
どんな反省点があるってんだよ!

って言いたくなるわけですよ。




しかも
また試合終わってからのミーティングが長いし!

そんなにたくさん言っても
子供達、理解してねーって
って思ったりして僕たち親も遠目から聞いてるわけですよ。


ってか、
『チームの底上げが大事』
って

『コーチ、一体どの口がそんなこと言ってるの?』

って突っ込みたくなるわけですよ!

『あんたが試合に出さないのに
補欠の子供がサッカー上手くなるわけないだろ!』

って超思ってる。

スポンサードリンク



新入部員勧誘してくんなよ!

これもね、相当思ってる。

いや、今も思ってるw


レギュラーの子供がね、
友達を勧誘してくるんですよ。

いや、もうホンマに辞めて!

って心から思う。

そりゃーね、
君は試合に出てるから何にも思わないかもだけど、

だけどね、
補欠の子供達は新しい子供が入団してくるたびに
また試合に出られる可能性が減った。。。

と、うんざりしているってことを分かれよ!
って思う。

逆にもっと黒く言えば

どうせ入ってくるなら
超絶サッカーが上手い子供が入ってきてくれないかな
と。


そして、
レギュラーの子供達も一度補欠に落ちてみれば良い
って思う。

そしたら
補欠の気持ちもちょっとは分かるだろう?
って思う。

スポンサードリンク



補欠の親も人間ですから!

ってことなんだけど、
よくネットとかSNSとか
補欠制度についての話を見ていると、


・子供が補欠でも親は気にするな
・それは子供の問題
・子供の好きなようにさせてあげなさい

なんてことが書かれている。

だけどね、
これ、無理だからね!


補欠の子供を持つ僕たち親だって人間ですから


やっぱり感情ってあるわけですよ。

我が子が試合に出してもらえないと
やっぱり落ち込むし、悲しいし、辛いし、ムカつく。



だから、やっぱり
なんとかしたいって思うわけですよ。

そしたら、
子供に練習頑張れよ
って話にもなるし
自主練しろよって言いたくなるわけですよ。


もちろんね、
その言い方次第では
子供はサッカーが嫌いになって辞めてしまう可能性もあるから
強く言うのは賛成できないけど、

それでもやっぱり
イラっとしちゃうわけですよ。


毎週週末は子供のサッカーの試合で
休日が潰れてんのに、

それでもずっと試合に出してもらえない。

そんな現状を目の当りにしたら
そりゃー口も出したくなるし、
愚痴も言いたくなるってもんですよ。


黙って子供を見守りましょう
とか、
移籍を考えてるって言えば

『子供の気持ちを第一に考えましょう』
とか言われたって

頭では理解できても 心では理解できない、受け入れられない、消化できないことなんて
いっぱいいっぱいあるんですよ!


そりゃー僕たち親だって悩むわけですよ。


他の子供達はサッカーが上手なのに
なぜ我が子だけこんなに下手くそなんだろう
もしかして発達障害なのか?
なんて本気で悩んだりするわけですよ。


だけど、
誰にも相談できないんですよ。

相談しても
『補欠は努力が足りない』
って言われるだけだから。


試合会場では
そんなそぶりも見せずに
レギュラーの親と話を合わせて

『A君は凄いですねー
またゴール決めた
優勝して欲しいな』

とか言っているけど、

本音は違うから。
早く負けて欲しいって思ってるし
他の子供がどれだけ活躍しようが知らんから
関係ないから。

それよりも
我が子が1秒でも多く試合に出られることしか考えてないからね。


最近、
『うちの子、調子が悪いのよ』
とか

『そんなん知らんし。』

『調子が悪いとか言っても試合に出してもらってるやん』

その調子が悪い子供がおっても
我が子は補欠なんですけど、試合に出してもらってないんですけど

そんな風にしか思えないから。

いや、黒いよ、性格悪いな
と思われるかもしれん。

だけど、
これが本音なんですよ。

やっぱり我が子がサッカーの試合に出て
活躍している姿を見たいんですよ。


僕たち親にとっては
それ以外何もないんですよ。

プロになって欲しいとか
そんなのどうでも良くて

せっかくサッカー習ってんだから
まずは、
チームで試合に出て欲しい
って思ってんですよ。

いる?小学生のサッカーに補欠制度って必要か?
何のため?

社会に出た時に
とかそんな言い訳いらんからね。

そしたら、
ずっとレギュラーの子供は
社会に出た時、問題ないのか?


社会に出てからも
ずっと他の人と比べて勝ち続けていられるのか?
もし負けても精神的に強いのか?

って言いたくなる。

教育というなら
どの子供も同じだろ。

試合に出ない辛さを味わう事も
試合に出て自信つけることも
子供全員が体験しておくべき事だろ
って思う。


子供に補欠制度は必要ないよ。


あとね、

スポンサードリンク



セコイなーって思われるかもだけど、

子供が補欠でも

・配車当番は公平に回ってくるし
・サッカーの大会にエントリーする費用も頭割で支払ってる。


これもおかしくない?

全く試合に出てない補欠の親は
一体、何のためにエントリー費払ってるの?
配車は何のためにしているの?


レギュラー様が試合に出るために
なぜ試合に出してもらえない補欠の親が
その子らの分までお金を負担して
車を出して労働力まで提供せねばならんのだ!


それなら
レギュラーだけで試合に行けや!
って思うわけですよ。

いや、言うてることはホンマにセコイかもだよ。
金額もチーム全員で割れば微々たるもんだけどさ。



だけど、
それくらい些細なことでも
腹が立ってくるってことだよ!


ってか、ホンマにこれはおかしい。
そもそも月謝には
サッカーの試合に参加する権利も含まれているはずなんですよ。

英会話習いに行って
お前はまだ下手くそだから、
オリエンテーションに参加したらアカン!
とかあるか?

筋トレのジムに月謝払ってるのに
お前はまだ筋肉がついてないから
このトレーニング機材使うな!とかありますか?
サウナ入るな!とかありますか?

ないでしょ!普通は。

サッカーも一緒でしょ。
上手かろうが下手かろうが
試合に出る権利は平等にあるんですよ!


なのに、
他府県まで遠征に行って
出場時間がたったの10分って
ふざけてんのか?

って言いたくなるよ、まったく。。。

この話の詳細はこちらに詳しく書いております!



海外では補欠制度なんてほとんどないのに。

なぜ日本ではこんなにも
普通なシステムとして確固たる地位を築いてんだろ。

ホンマ、補欠制度なんて無くなれば良いのに。

スポンサードリンク



親の本音まとめ

ってことで、
簡潔ではありますが、

サッカーで補欠の子供を持つ親の本音をぶっちゃけさせてもらいました。


もちろんね、
補欠の親全員が、僕と同じように思っているか?
と言われれば、違う人もいると思う。

だけどね、確実なことは、

補欠の親は相当辛いし悲しい

ってことです。

なぜか肩身も狭いですからね。

サッカーが上手い=全てが上
ってことじゃないのに、

どうしてもサッカーが上手いと他のことにも影響しちゃうので。


レギュラーの親はそんなこと気づいてないかもだけど、

だから普通に
補欠の親に
・今日は優勝できますかね?
・最近、うちの子供は調子悪いんですよね
・B君が休みだから今日は勝てないかもだねー

とか話して来れると思うだけど、


ホンマ、気にしてないふりしてるけど
相当傷つけられていることもあるし
ムカついていることもたくさんあるよ
って事をちょっとでも良いから知って欲しい。


ホンマね、
かなり辛いんですよ。

スポンサードリンク



追伸

僕の子供はずっと補欠で
試合にほとんど出してもらえませんでした。

だけど、
自主練頑張ったり、コーチと直接話をして
今では試合に出られるようになりました。


僕たちがレギュラーに追いつくために
追い越すためにやった練習方法や

僕がどんな風に
補欠の子供を試合に出さないコーチと話をしたのか
については
メルマガで詳しく書いてるので
良かったら登録して読んでみてください

⇒メルマガを読んでみる


--------------------------------------------------------------------------------

・子供が補欠でサッカーの試合に出してもらえない!
・子供が全然サッカーの練習しない
・このまま子供にサッカーを続けさせても良いの?
・今下手くそでも、いずれ上手くなるのかな?
・親がサッカー経験者じゃないので子供にどう教えて良いか分からない



そんなことで悩んでいませんか?


僕も同じようなことで悩んできた一人です。

レギュラーになれないのに
全然練習しない息子。

お世辞とは言えないくらいの運動音痴


子供に当たることもあったり
大声で怒鳴り散らすこともありました。


本当に辛くなって

このままサッカーを続けさせても
家族みんな辛いだけじゃないか!
と思って、
何度子供にサッカーを辞めさせようとしたことか・・・


だけど、
今では少しずつ認められ
サッカーの試合にも出られるようになり、
活躍もするようになってきました。

リフティングも176回出来るようになりました。


ブログには書けない
いろんな辛かった出来事、悲しかった出来事

特にレギュラーの親との確執や
レギュラーの子供から言われた心無い一言
などなど、


あまりブログで書くとバレちゃうとダメなので
メルマガでしか書かない話もあります。


その他にも
運動音痴でダメダメだった僕の子供が
サッカーが上手になった方法論や
思考法、
高校サッカーで全国大会に何度も出場した選手に教えてもらった

本当に大事なサッカーの練習のコツなどを
メルマガでは紹介しています。


登録はもちろん無料です。

僕のメルマガを読んでみて、
不要だと思ったら、即解除も可能です( ;∀;)

面白そうだなー
って思われたぜひお気軽に読んでみてください。


登録はこちらから




※このメルマガで紹介していることは 僕と僕の子供が実際に試した結果 効果があった方法です。
スポンサーリンク
運動音痴で補欠だった子供でもサッカーの試合に出て活躍できるようになった方法とは?

・子供が補欠でサッカーの試合に出してもらえない!
・補欠の愚痴を話すところが無い!
・子供が全然サッカーの自主練習しない
・このまま子供にサッカーを続けさせても良いの?
・今下手くそでも、いずれ上手くなるのかな?
・親がサッカー経験者じゃないので子供に何から教えて良いか分からない

そんなことで悩んでいませんか?

僕も同じような問題で悩んできた一人です。

試合に出たいと悔しがる息子。

だけど、
全然、自主練をしない息子。

お世辞とは言えないくらいの運動音痴

子供に当たることもあったり
大声で怒鳴り散らすこともありました。

本当に辛くなって

このまま子供にサッカーを続けさせても
家族みんな辛いだけじゃないか!
と思って、
何度子供にサッカーを辞めさせようとしたことか・・・

だけど、
今では、格段にサッカーが上手くなり
チームメイトやコーチから少しずつ認められ
サッカーの試合にも出られるようになり、
ゴールやアシストを決めたり、
ドリブルで相手をぶち抜けるようになってきました。

なぜそんなにも激的な変化があったのか?

それは、
子供にやる気を出させる方法やサッカーの練習のコツを知って
それを実践したからでした。

もしその方法に出会ってなければ
もしかして今頃、
子供はサッカーを辞めていた
と思います。

また僕たちの今までの出来事の中には
ブログには書けないくらいの
いろんな辛かった出来事、悲しかった出来事

特にレギュラーの親との確執や
レギュラーの子供から言われた心無い一言
などなど、

あまりブログで書くとチームバレしちゃうため
表立って書けない話もあります。

だけど、
絶対に同じような境遇の子供達はたくさんいるので
そんな辛いことはもう無くしたい。

だからこそ、
沢山の人に知って欲しい
と思ってます。

また、
僕自身がそうであったように
補欠の子供、補欠の保護者は本当に立場が弱いです。

言いたいことも言えず、
誰かに話す事も相談することも出来ません。

なぜなら
『あなたの子供がサッカーが下手だから悪いんでしょ』

相談してもそう言って突き放されるだけだからです。

そういった僕と同じような悩みを持つあなたと一緒に
情報を共有し
子供達にとって何のプラスもない補欠制度を無くしたい!

そう考えて
僕はより深い話が出来るように
情報を共有できるように
メルマガを発信しています。

登録はもちろん無料です。

僕のメルマガを読んでみて、
不要だと思ったら、即解除も可能です( ;∀;)

面白そうだなー
って思われたぜひお気軽に読んでみてください。

       登録はこちらから
            ↓   ↓   ↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事