毎週子供のサッカーの試合を観戦に行く僕が教えるオールシーズン使えるコスパ最強の持ち物3選いっつも子供のサッカーの試合を観戦に行っても
補欠なのに、

ついつい毎週観戦に行ってしまうトモです。


だって、
いつか出るかもしれないし、
試合に出たときは、褒めるためにも良いところ見ておきたいし。


あなたは
どれくらいのペースで観戦に行ってますか?


たまに?
毎週?


毎週だとめっちゃ疲れますよねw


ま、それ以上に子供の方が精神的にも体力的にも疲れてるはずなんだけど。

子供も頑張ってんだから
親も頑張らないとなんだけどねw



だからこそ、
毎週行くとなるとやっぱりこんな持ち物があると超楽だよー
って持ち物があります。


ってことで、今回は、
そんな僕が
子供の試合の観戦時にオールシーズン使えるコスパ最強の持ち物を紹介します!


これはねー
実体験から来ているし、
他のパパさんやママさんからも好評だった持ち物リストなので
かなり便利で使えますよ(`・ω・´)

スポンサードリンク



軽量よりも快適さを重視すべき!

まずねー
サッカー観戦で定番の持ち物と言えば
やっぱりこれ、折り畳みのイスです。イス。



ずっと立っているのもしんどいし
足が棒のように関節が曲がらなくなるしw

地面に座っていると
地熱で冷えたり、熱かったり
ケツが痛かったりと、

かなりしんどいです。

子供の試合って朝から夕方くらいまであるし
試合と試合の待ち時間もスケジュールによっては

マジか・・・
休憩なんて良いから、もうやってくれよ!





と言いたくなるくらい空き時間があったりすることもある。


違う意味で
僕は負けてくれー
って思ったりすることもあるけどw

自分の子供が出場出来ないサッカーチームなんて負けたら良いのに!と思うことは間違ってるでしょうか?




で、話は戻して

そんな時、やっぱりイスが無いとかなり辛いです。
子供が試合に出ていても
帰りたくなります。


ま、あまり出してもらえないんだけど。。。


と言った自虐的なノリはさておき、


じゃあさ、折り畳みのイスがあれば便利って言うなら
持ち運びに便利な
軽量でこんな感じのイスを持って行こうかな。


と思っているかもしれませんが、

マジでおすすめできません!


いずれ買い直す羽目になりますよ!




なぜなら、
たまの子供のサッカーの試合観戦に行くなら良いですよ。


月に1回、1試合だけとか。


だけどね、
毎週観戦に行く、朝から1日中応援するって言うなら、


軽さよりも快適さを重視すべきです。

重さなんて、一度運んでしまえば
なんとでもなります。

しかも後述する持ち物があれば
重さもほとんど気にならないし。




で、さっきも言ったけど
子供のサッカーの試合って1日中あるし、


しかも
だからと言って、
自分たちのチーム試合がずっとあるわけじゃなくて
他のチーム同士の試合とかもあって、
自分たちの子供のチームが試合じゃないとき
子供たちは練習したりアップしているので
本当にぼーっと座っているだけになります。




でね、
ずっと座ってみているのも
けっこう疲れるんですよね。


そんなことないですか?



僕は毎回、そんな時は眠たくなるし、
暇だし、
ポカポカしているしで寝ちゃうことが多いです。





だけど、そんな時に
背もたれの部分が低いと
寝にくいし、首が痛くなったりするんですよね。


で、背もたれの高い椅子に変えたら
めっちゃ楽になった。


首がめっちゃ楽だし、
もたれられるのでスッゲー楽です。


スヤスヤと快眠してしまって
子供の試合を寝過ごしたことがありますw


まぁいつも通り補欠だったんで
良かったですが・・・


いや、良くないな。。。


イヤでも本当に
長時間座っているからこそ
快適に過ごせるイスがあるかないかで
全然疲れ具合も変わるんですよ。





あとね、
ペットボトルとかスマホを収納できるホルダーが付いてるのが
スッゲー便利です。


地面に置くと、
砂が付いたり、芝生だと芝がついたりして嫌だしね。

あ、潔癖じゃないよ。

あと、収納ホルダーがたくさんあればあるほど
便利です。


スマホはポケットに入れていても良いんだけど、


あ、今、子供が良いプレーしそう!
写真に撮ろう


って思った時、
すぐに取り出せるところにあると、
すぐに写真が撮れるので



ベストショットを撮り逃した…

なんてことが無くなりますからね。


ってことで、折り畳みのイスは
背もたれが高く、収納がたくさんあるイスがおすすめです。


ちなみに
これなんてマジでサイコーです!



背もたれが高くて
収納もあるので、
ペットボトル+スマホ+iPadですら収納出来ちゃいます。


しかも超軽量と来たもんだ(;'∀')


暇なときパッドで時間つぶしも出来るしね。
かなりお勧めです。



子供に一番重宝されてます!

ってことで、次の持ち物はねー
ホンマに
考えた人本当にスゲーなって思いますよ。

盲点ついてるというか
発想力だなって思った。

気づいてしまえば、誰しもが確かに!
って思うんだけど、

ホント、最初に商品化した人えらいわー
って思うよ。

そんな持ち物がこれ



しかもねーこれはねー
子供が一番喜んでくれた持ち物です。


しかも親にとっても超便利。


なぜなら、
カゴはプラスチックになっているので
簡単に洗えるから。


子供のサッカーの試合に行くと
どうしても土が付いたりするけど、
このカゴだと水かけるだけで汚れが落ちるのでめっちゃ手入れが楽。


それに
子供のサッカーの試合の時だけじゃなくて
買い物の時にも使えるし
キャンプとか海に遊びに行く時にも使えるし
めっちゃ万能だし。




そして、
子供たちにとっても、

このカゴに専用のお盆【パレット】を置けば
机代わりになるのです(`・ω・´)



サッカーの試合の合間のお昼ご飯の時って
会場には机とかないし
どうしても膝の上に弁当を置いたり、
ベンチに置いたりするけど、
不安定だし、
しゃべっていて、
こぼしちゃったり、落としちゃったりするし。


お弁当ならまだこぼしてもケガしないけど、

冬とかは
カップラーメンやカップスープを食べたりするので
ずっと手に持っておくと熱いし
それこそ、こぼしたりしたらめっちゃ危ないので
机になるものがあれば便利です。


試合会場にあまり机代わりになるものって無いからね。



そういった意味で
子供たちはめっちゃ喜びます。


しかもね、
僕の子供は一人だけチームで学区が違ったので
なかなか友達が出来ず、
1人で昼ご飯を食べたりすることが多かったんだけど、


それはそれでめっちゃ心配したよ。
どうやったら子供に友達出来るかなって・・・



だけど、
このカゴとお盆【パレット】を試合に持って行くようになってからは、

他の子供たちが、


『僕も置かせて~』


と、近くに来るようになって
仲良く話しながら一緒に昼ご飯を食べるようになりました。


なので、
友達作りのための持ち物としても一役買ってますw


うん、本当にこれは嬉しかった。
ちょっとしたきっかけで
子供たちって仲良くなるし、
そのキッカケを果たしてくれた持ち物でした。

それに
めっちゃ便利だし、
スッゲー感謝してます。

スポンサードリンク



想像以上に便利だった持ち物とは?

そして子供のサッカー観戦に必須の3つ目の持ち物はこれ。


キャリーカート



ゴロゴロと引っ張るやつね。


これねー
僕も最初は侮ってた。

こんなのいらんやろー

って。


だけど、
あったらめっちゃ便利。


だってね、
嫁って全然重たい荷物持ってくれないんだもん(;'∀')



男でしょって・・・


いや、男とか関係ないし、
お前も持てよ

って感じでいつも喧嘩になってたけど、

このキャリーカートを買ってからは、
まぁ引っ張るくらいならと喧嘩は減った。


とは言うても、
それでも、お前もたまには引っ張れよ

って思うけど、
まぁ重さがマシになった分、
そこまでムカつくことは無くなった。


という、僕たちの話はどうでも良いとして、


実際に
例えばさっきのカゴを載せたり、
折り畳みのイスを乗っけたり
夏場だと、クーラーボックスを乗せて運んだりと
かなり重宝する。



想像以上にね、
試合会場って、
駐車場から応援席までって遠かったりするんだよねー


だから、
そんな時、このキャリーカートがあるとめっちゃ便利。


ちなみに
キャリーカートは出来るだけ幅が広いもの
フレームもちょっと太めがおすすめ。



なぜなら、
クーラーボックスとか乗せると
幅が無いと不安定で落ちたりしちゃうし、
フレーム細いと曲がりやすかったりするので
安物買いの銭失いにならないように
ある程度の物を買った方が良いです。

とは言ってもそんなに高いものじゃなくても
こんなので十分ですよ



ってことで

子供の試合に必須の持ち物3つまとめ

・折り畳みの椅子
・カゴとお盆【パレット】
・キャリーカート


この3つの持ち物は必須だね。


しかも
オールシーズン使えるので
マジでコスパ最強です!


ちなみに
冬に子供のサッカーの試合観戦に行く時の服装や持ち物については
こちらで詳しく書いているので合わせて読んでおいて





夏場に必須の持ち物はこっちで



ってことで、
今回は、年間、オールシーズン使える
子供の試合の観戦に使える持ち物の紹介でした。


ホンマにめっちゃ使えるんで
あとは色とかは好み次第ですね。

--------------------------------------------------------------------------------

・子供が補欠でサッカーの試合に出してもらえない!
・子供が全然サッカーの練習しない
・このまま子供にサッカーを続けさせても良いの?
・今下手くそでも、いずれ上手くなるのかな?
・親がサッカー経験者じゃないので子供にどう教えて良いか分からない



そんなことで悩んでいませんか?


僕も同じようなことで悩んできた一人です。

レギュラーになれないのに
全然練習しない息子。

お世辞とは言えないくらいの運動音痴


子供に当たることもあったり
大声で怒鳴り散らすこともありました。


本当に辛くなって

このままサッカーを続けさせても
家族みんな辛いだけじゃないか!
と思って、
何度子供にサッカーを辞めさせようとしたことか・・・


だけど、
今では少しずつ認められ
サッカーの試合にも出られるようになり、
活躍もするようになってきました。

リフティングも176回出来るようになりました。


ブログには書けない
いろんな辛かった出来事、悲しかった出来事

特にレギュラーの親との確執や
レギュラーの子供から言われた心無い一言
などなど、


あまりブログで書くとバレちゃうとダメなので
メルマガでしか書かない話もあります。


その他にも
運動音痴でダメダメだった僕の子供が
サッカーが上手になった方法論や
思考法、
高校サッカーで全国大会に何度も出場した選手に教えてもらった

本当に大事なサッカーの練習のコツなどを
メルマガでは紹介しています。


登録はもちろん無料です。

僕のメルマガを読んでみて、
不要だと思ったら、即解除も可能です( ;∀;)

面白そうだなー
って思われたぜひお気軽に読んでみてください。


登録はこちらから




※このメルマガで紹介していることは 僕と僕の子供が実際に試した結果 効果があった方法です。
スポンサーリンク
運動音痴で補欠だった子供でもサッカーの試合に出て活躍できるようになった方法とは?

・子供が補欠でサッカーの試合に出してもらえない!
・補欠の愚痴を話すところが無い!
・子供が全然サッカーの自主練習しない
・このまま子供にサッカーを続けさせても良いの?
・今下手くそでも、いずれ上手くなるのかな?
・親がサッカー経験者じゃないので子供に何から教えて良いか分からない

そんなことで悩んでいませんか?

僕も同じような問題で悩んできた一人です。

試合に出たいと悔しがる息子。

だけど、
全然、自主練をしない息子。

お世辞とは言えないくらいの運動音痴

子供に当たることもあったり
大声で怒鳴り散らすこともありました。

本当に辛くなって

このまま子供にサッカーを続けさせても
家族みんな辛いだけじゃないか!
と思って、
何度子供にサッカーを辞めさせようとしたことか・・・

だけど、
今では、格段にサッカーが上手くなり
チームメイトやコーチから少しずつ認められ
サッカーの試合にも出られるようになり、
ゴールやアシストを決めたり、
ドリブルで相手をぶち抜けるようになってきました。

なぜそんなにも激的な変化があったのか?

それは、
子供にやる気を出させる方法やサッカーの練習のコツを知って
それを実践したからでした。

もしその方法に出会ってなければ
もしかして今頃、
子供はサッカーを辞めていた
と思います。

また僕たちの今までの出来事の中には
ブログには書けないくらいの
いろんな辛かった出来事、悲しかった出来事

特にレギュラーの親との確執や
レギュラーの子供から言われた心無い一言
などなど、

あまりブログで書くとチームバレしちゃうため
表立って書けない話もあります。

だけど、
絶対に同じような境遇の子供達はたくさんいるので
そんな辛いことはもう無くしたい。

だからこそ、
沢山の人に知って欲しい
と思ってます。

また、
僕自身がそうであったように
補欠の子供、補欠の保護者は本当に立場が弱いです。

言いたいことも言えず、
誰かに話す事も相談することも出来ません。

なぜなら
『あなたの子供がサッカーが下手だから悪いんでしょ』

相談してもそう言って突き放されるだけだからです。

そういった僕と同じような悩みを持つあなたと一緒に
情報を共有し
子供達にとって何のプラスもない補欠制度を無くしたい!

そう考えて
僕はより深い話が出来るように
情報を共有できるように
メルマガを発信しています。

登録はもちろん無料です。

僕のメルマガを読んでみて、
不要だと思ったら、即解除も可能です( ;∀;)

面白そうだなー
って思われたぜひお気軽に読んでみてください。

       登録はこちらから
            ↓   ↓   ↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事