やっぱり補欠制度は廃止すべき!サッカーで補欠の子供が全試合フル出場して分かったこととは?

やっぱり補欠制度は廃止すべき!サッカーで補欠の子供が全試合フル出場して分かったこととは?全試合フル出場!

やったー!

って思うより怖くなったトモです・・・


実はですね、先日、子供のサッカーの試合があったんだけど
レギュラー数名が欠席という
僕にとってはなんて好都合な!
って思うほどの幸運があって、
子供は全試合フル出場出来たんだけど、




ただね、実際にフル出場したできたこと自体は
めっちゃ、いや、超嬉しかったんだけど、しかも優勝できたというw


でもね、
それ以上に怖くなったのが、
やっぱり補欠制度が無くならない限り
レギュラーと補欠の差って広がるばかりで
どんなに補欠の子供たちが一生懸命に練習しても
差って縮まらないよな・・・
って実感したことなんだよね・・・


ってことで、今回は、
驚愕の万年補欠の子供が全試合フル出場して分かったことを
紹介していくわ。

これねー
ハッキリ言って補欠の保護者はスッゲー恐怖感増すかもしれないけど、
補欠制度撲滅に向けて
本当に知っておいて欲しいことでもあるので
勇気を出して読んで欲しいな。

スポンサードリンク



サッカーの試合、フル出場したらどんなメリットあるの?


ってことなんだけど、
これはねーもう計り知れないくらいメリットがある。


まぁ色々書きだすけど、
多分、全部書ききれないというか
僕が気づいてない部分でも絶対にメリットってあると思う。


で、簡単に抜粋すると

・試合経験が積める
・真剣勝負でのプレッシャーが味わえる
・ダメなところをすぐに修正できる
・いろんな事を試せる
・体力のペース配分が学べる
などなど
今、単純に思いつくだけでもこんだけある。


逆に言えば
補欠の子供はこれら貴重な経験を受けれずにサッカーをしているわけ

そう考えると
絶対に差が埋まるわけないやんって思うのは
僕だけではないはず。


で、1つずつ詳しく解説していくけど


スポンサードリンク



試合経験が積める


ってことについては、
ほとんど言わなくても分かると思う。


ただね、これ相当ヤバいよ。

補欠だと1日数試合あっても
出れても数分とかのこともあるだけに、
この差は本当にデカい。




だって、
子供たちはサッカー習ってんのに
試合に出れないって一体何習ってんの?
って話だよ。

ボールの蹴り方を学ぶためにサッカースクールに行ってんじゃなくて
あくまでもサッカーを学ぶためであり、
サッカーの試合をより楽しくするための技術を学びに行ってる
と言っても過言ではないはず。


なのに、
補欠の子供たちは全然試合に出れないという・・・


超悪循環!

なので、
ここは何としてでも補欠撲滅を訴え
子供たち全員が試合に出られるようにしていかなければなりません!


んで、次にね、


真剣勝負でのプレッシャーが味わえる


これもね、
特に僕の子供のサッカーチームでは
コーチの独断で、3点差付かないと試合に出してもらえない。


なので、
試合に出るときは、
大差の付いた勝ち試合か、ぼろ負け試合。


相手も、こっちもどこか消化試合的な雰囲気がプンプンする試合。


そんな
どうせな・・・
って感じの試合にしか出れない子供たちと

0-0で緊張感のある、同じレベル同士で均衡した試合にガンガン出て
1つのミスが失点につながるような
胃が痛くなるような雰囲気の中でする試合をこなすレギュラーたち。



そりゃー差が広がっていくでしょ!


プレシャー半端ないところでプレーしてんだから。




そんな試合に初めて出された補欠の子供なんて
雰囲気に飲み込まれて実力の半分も出せないって!


しかも同じレベルや強いチームとやればやるほど
いろんな経験も出来るし、
自分の出来たこと、出来なかったことが分かるだろうし。


で、これは次のメリットにもかかってくるんだけど


スポンサードリンク



ダメなところをすぐに修正できる


ってことなんだけど、

これが僕の中で一番大きかったことなんだけど、


実際に僕の子供が一試合目を終えて


『パパ、どうやった?』

って聞いてきたから、

『うん、こことかあれとか上手く出来てたよ、
ただ、あのプレーは危ないから、どうした方が良いと思う?』

って感じで、
僕は答えをすべて言わずに
子供に考えさせるようにしてんだけど、

ここではそのことについて書くと長くなるので書かないけど、


例えば
ディフェンスで、こうした方が良いよってあったんですよね。


ゴールを背に向けている相手に対して
強引にボールを取りに行こうとして、
反転されて、抜かれた場面があったので、

そういう時は、
無理にボールを取りに行かずに、前を向かれないようにするだけでいいよ。
味方が戻ってくるまで時間を稼げばいいよ

って教えたのね。


そしたら、
次の試合で、その通りにプレー出来て
かなりのピンチを未然に防ぐことが出来たんだけど、


これも、全試合に出場できたからこそ
すぐに修正できたわけだよ。

トライアンドエラーなわけですよ。




これがいつもだと、
そうやって修正しても、
次いつ試合に出られるか分かんない。


なので
次に試合に出たときは、1週間後とかのこともあるので
そんなことは子供も忘れているし、僕でさえ忘れているわけですよ。


そしたら、
また同じことの繰り返し、同じミスの繰り返しをしちゃう



これがレギュラーで毎試合出場出来れば
すぐに次の試合で修正できるか
すぐに試せるし、その成果を経験出来るので
頭にも定着しやすいし。


そんなことがどんどん積み重ねていけるのよ。
レギュラーって。


パスにしても、ドリブル、シュート、ディフェンス、フェイント
いろんな事の経験値が蓄積されていく。



しかもハイプレッシャーの中で。


そりゃー差、付くでしょ。

ウサインボルトと僕が走るくらい差が付くってもんよ。


これね、もう子供がサッカー下手とかそういったレベルじゃないよ。

違う次元の話。


フォートナイトで言えば、
毎日やっている子供と
初めてやる子が勝負するようなもんだよ。


勝てるわけないっつーの。


しかも、この延長線上に


スポンサードリンク



いろいろ試せる


というやっかいな経験値まで出てくるわけよ。

練習で習ったフェイントを使ってみたり、
コーチに教えてもらった守備の連係を試してみたり
って。

もうありとあらゆることが試せるわけですよ。

究極的に言えば
ピッチに立っていることですら経験になっているわけだからね。


そりゃー差が生まれるよ。


練習で1対1でしかドリブルしたことない子供が

360度敵だらけの状況でドリブルして抜けるわけがない
ってもんですよ。



もうね、
平等とか酷いとか通り越して可哀想だよ、悲惨だよ。


なんで同じようにサッカー習って
頑張って練習してんのに、


才能や体格、運動能力の差があるからと言って
試合に出してもらえないんだよ。


そんなことしたら、ますます差が開く一方だよ。


なにか?
下手くそはサッカーする資格ないってか?


そんなことないだろ?
サッカーは誰にでも平等なんだ。
みんなを幸せにしてくれるスポーツなんだ。


それを勝手に
コーチや大人たちが勝つ意味を持ちだしたり、
勝ちたいという欲望を出しているだけじゃないか。


子供たちはただただ犠牲になっているだけだよ。


マジで可哀想だ。


それにね、

サッカーの試合で全試合フル出場してみて分かることって
本当にたくさんある。

その中でも


ペース配分が分かる


ってこと。

これ、超大切だと思うんだ。

たまにしか試合に出れない補欠の子供たちは
いつもで全力で行っちゃうけど、


やっぱり1日に何試合もある場合、
レギュラーはどこかセーブしたり、
悪く言えば手を抜いたりして
体力を温存したりしているし、
ここぞ!ってときに走れるように
ペース配分している。




それが経験のない補欠の子供にはわからない経験のない世界。


本当に切なくなる。
書いていてホンマに切なくなる。


どこも補欠の子供にとっていい部分がない。


だからこそ


補欠の子供がフル出場した時僕は怖かった



なぜなら
こんなにも経験値やその他いろんな事で
差が生まれていることを知ったから。


これは、どんだけコソ練しようが
一生懸命自主練しようが
埋めることが出来ない部分だから。



しかもプラス、
レギュラーの子供たちまで自主練すれば
もはや追いつくことは不可能に近い。


じゃあ、ずっと補欠の子供は補欠やれってか?
試合に出ないのに、毎週試合会場に行って
レギュラーのためにお茶の準備したり、
レギュラーの子供より先にベンチに座らないように気を付けてればいいってか?


そんなことないだろ。

この子供たちにだってサッカーを、試合をする権利はある。
絶対にある。

いや、もっと言えば
コーチであってもこの子供たちからサッカーを奪う権利なんてないはずだ。



だからこそ
僕は何とかして子供たちが平等にサッカーの試合に出られるようにしてあげたい。

補欠を撲滅したいって思ってる。


こんな制度、ほんとに必要ないよ。
子供は笑顔でサッカーすればいいんだよ。

そこに努力とか本気度とかそんなの関係ない。

ただ、
ボールを蹴って楽しければそれで良いじゃないか。

ってことだよ。



でね、
あともう一つ、
今回、子供がサッカーの全試合フル出場して分かったことがあるんだけど、


これね、相当ヤバいわ。

やっぱりどんなことをしてでも
絶対に補欠撲滅させねば!
って思ったことがあったんで、
それはこっちに書いとくんで、
ぜひ見て欲しい。

戦慄!コーチのスタメン固定は一種の洗脳であり知らない間に全員が勝利至上主義に傾倒してしまうって話


レギュラーの保護者達のことを敵視してたけど、
これを体感すると、
ちょっと同情するというか分かる部分もある。

ただ、だからこそ、
めっちゃヤベーんだけど。

だからこそ、
みんな知っておくべき話なんで
絶対に読んでみて欲しい。

--------------------------------------------------------------------------------

・子供が補欠でサッカーの試合に出してもらえない!
・子供が全然サッカーの練習しない
・このまま子供にサッカーを続けさせても良いの?
・今下手くそでも、いずれ上手くなるのかな?
・親がサッカー経験者じゃないので子供にどう教えて良いか分からない



そんなことで悩んでいませんか?


僕も同じようなことで悩んできた一人です。

レギュラーになれないのに
全然練習しない息子。

お世辞とは言えないくらいの運動音痴


子供に当たることもあったり
大声で怒鳴り散らすこともありました。


本当に辛くなって

このままサッカーを続けさせても
家族みんな辛いだけじゃないか!
と思って、
何度子供にサッカーを辞めさせようとしたことか・・・


だけど、
今では少しずつ認められ
サッカーの試合にも出られるようになり、
活躍もするようになってきました。

リフティングも176回出来るようになりました。


ブログには書けない
いろんな辛かった出来事、悲しかった出来事

特にレギュラーの親との確執や
レギュラーの子供から言われた心無い一言
などなど、


あまりブログで書くとバレちゃうとダメなので
メルマガでしか書かない話もあります。


その他にも
運動音痴でダメダメだった僕の子供が
サッカーが上手になった方法論や
思考法、
高校サッカーで全国大会に何度も出場した選手に教えてもらった

本当に大事なサッカーの練習のコツなどを
メルマガでは紹介しています。


登録はもちろん無料です。

僕のメルマガを読んでみて、
不要だと思ったら、即解除も可能です( ;∀;)

面白そうだなー
って思われたぜひお気軽に読んでみてください。


登録はこちらから


コメントを残す