子供にサッカーの試合でゴール決めたらニンテンドースイッチ買ってあげると約束したら?どうもどうも、トモです。

今回は、
子供が小学2年生の頃の話なんだけど、

その頃は、まだレギュラーとか補欠とかって
キッチリと分けられていなかった頃で
まだ試合にも出れてたんだけど、


そん時にね、
ちょっと子供と約束したことがあるんですよ。

サッカーの試合でゴール決めたら
その当時子供が超欲しがっていた
『ニンテンドースイッチ』を買ってあげる

って。


多分、どこの親でも
子供にやる気を出させるために
そういった約束をすると思うんだけど、
実際、そういった約束をしたらどうなるか?

ってことも含めて
今回は話していこうと思う。


まあ結論から言って

大失敗なんだけどね。

スポンサードリンク



ってことで、詳細はこんな感じ

当時、試合には出してもらっていた子供。

だけど、
やる気がないというか、内気というか

その頃ってまだ
子供達のサッカーって団子サッカーで
みんながボールに群がるサッカーだった。


だけど、
息子は、全然その団子の中には入らず。。。

良いように考えれば
・パスが来るのを待っている
・周りが見えてる

って思うかもだけど、

子供が団子の中に入らなかった理由は
積極的にボールに触りたくない
ってことだった。

突き詰めていけば
・ミスして怒られたくない
・ミスしたらどうしよう

そんなことばかり思っていたらしい。


なので、
たまにボールが来ても
すぐにボールをどこかに蹴ってしまっていたし、
ドリブルなんてほとんどしなかった。


もちろんそんな事ばかりだったから
ゴールなんてほとんど決めたこともなかった。

そもそも
シュートすらほとんど打ったのを見たことなかったし。。。


だから
子供のサッカーの試合の応援に行っても
毎回そんなのだったから、

やっぱり僕としても
めっちゃイライラするわけで。

なんでボールに行かへんねん!
なんでもっと積極的にいかへんねん!

と。




で、そうなると
やっぱり親としても悩むわけですよ。

どうすれば
もっと積極的にプレーしてくれるかなと???


で、思いついたのが、
物で釣ることだった。



まあ、きっと僕だけでなく
他の親も絶対にやってると思うんだけど、

・テストで100点取ったらお小遣い上げる
・運動会で1番だったら欲しがっていたスマブラのゲームソフト買ってあげる
・マラソン大会で5番以内に入ったらディズニーランドに連れていく
とかね。


で、まぁ僕は今回、
子供がずっと欲しがっていた『ニンテンドースイッチ』を
ぶら下げてみたわけですよ。




『今度の試合でゴール決めたらニンテンドースイッチ買ってあげる』

って。

そしたら
当然、子供はがぜんやる気になって

『ホンマに?やったー!
頑張るわ!』

と、闘莉王のような気迫を出してた。


これで何とかなるかなと。

僕自身、仮にゴールが決まらなくても
狂犬ガットゥーゾのように積極的に走りまくるだけでも
それなりに頑張っていれば
買ってあげようとも思ってた。

甘い親だね

と言われたら、甘いけど、、、


で、子供もやる気になっていたので
次の試合ではどれだけ頑張ってくれるかな?
って思って期待してたんだけど、、、

スポンサードリンク



結果的には、

全然なわけですよ。


いつもと同じ。
まぁ多めに見てもいつもよりちょっと頑張ってるだけ。


当然、
ゴールを決めるどころかシュートも打たないし
ドリブルですらほとんどしなかった。


そりゃーね、腹立ちましたよ。
ムカつきましたよ。


なので、
当然、約束のニンテンドースイッチはなし。


そりゃー子供はしょぼくれてたけど(´・ω・`)

それでもね、
流石にね、、、



でも、
『次の試合頑張ったらね。』

という約束はした。


そしたら
『子供も次の試合頑張るわ!』
とまたやる気に。


でも結果は、同じ。

スポンサードリンク



でね、結局そんなことが数回続くと

子供も分かってくるわけですよ。


頑張っても無理やわ(´・ω・`)

って。


なので
最終的には、頑張るって言葉もなくなり、

『どうせ、無理やし。』

と諦めるようになった。




この言葉を聞いた時、
ホンマに悲しかったよ。

なんか辛かった。

やる気出せよ
ってムカつきもあったけど、
それ以上に
最初から諦めてる子供にスッゲー悲しくなった。

スポンサードリンク



ってことで結論なんだけど、

子供を物で釣るのは逆効果ってことです。


まずね、
子供を物で釣ると、
仮に達成できたとしても

それが普通になってしまう。

ってことは、
何かメリットが無いと頑張らない子供になってしまうのです。


そして、
一番最悪なのが、
自分で無理って決めつけてしまって
よりやる気をなくしてしまう可能性もあるってことです。

あの時の息子のように。


もちろん
カンフル剤として有効な時もあるけど、

それは、たまにやるから効果があるし、
そして、
出来るだけ達成できるゴールを設定しておかないと
あまりにも高すぎるゴールだと
やる前からやる気が無くなる可能性だってあるってことです。



なので
結果がどうってことよりも
普段の頑張りでご褒美をあげた方が

絶対に効果的です。


出来ないと貰えない
よりも
頑張れば良いことがある


って思わせる方が、
子供も頑張る子供に育ちます。


現に僕もこの一件があって以来
そうするようにしました。


リフティング100回行けたら
コロコロ買ってあげる

ではなく、

いつも頑張って練習しているから
たまにはコロコロでも読んで休憩したら
と、言ってプレゼントしてる。


そんな風にしていたら
子供も頑張る子供になってきました。


もし仮に結果が出なくても
パパは僕が頑張っていることを認めてくれてる

って思ってるらしいですw


ちなみに最近
子供は両足リフティングで160回出来るようになりました
その時の話はこちらのブログに書いてるので
良かったら読んでください




子供だけじゃなくて大人でも
やっぱり努力していることを、頑張っていることを
認められたり、褒められたりすると
嬉しいですからね。


子供なら尚更ですよね。


まぁ、
それも物で釣っているといえば釣ってるのかもだけど

達成できる出来ないより
自分で頑張ることが出来る
に意味があると僕は思っているので。

なので
頑張れる子供になって欲しいなら
絶対に結果主義より
日頃の努力主義にした方が絶対に良いです。


ちなみにだけど、

ニンテンドースイッチはどうなった?

ってことだけど、


当時、ニンテンドースイッチが売り切れまくっていて
たまたま
家族でジョーシンに行ったとき、

在庫残り3個のニンテンドースイッチを見つけて




なんか買わないといけないような雰囲気になって、、、(;'∀')

そんなことないですか?
こ、これが限定品の魔力ですよ(;'∀')



で、ちょうどクリスマスシーズンってこともあって
だけど、
サンタさんのプレゼントにすると
親に感謝しないだろう?
ってことで、

なぜか
僕たち親からのクリスマスプレゼントって形で
プレゼントすることになりました。。。




今思えば、

なんで?(;'∀')


って思うけどw


そして、
ソフトはサンタさんからプレゼントしてもらおう
ってことで。


あ、あと、
僕の子供は今小学5年生だけど、
まだサンタクロースを信じている数少ない良い子ちゃんなので
もし僕たちに出会っても
絶対に

『サンタクロースはいない!』

なんて言わないでくださいね( ̄▽ ̄)

--------------------------------------------------------------------------------

・子供が補欠でサッカーの試合に出してもらえない!
・子供が全然サッカーの練習しない
・このまま子供にサッカーを続けさせても良いの?
・今下手くそでも、いずれ上手くなるのかな?
・親がサッカー経験者じゃないので子供にどう教えて良いか分からない



そんなことで悩んでいませんか?


僕も同じようなことで悩んできた一人です。

レギュラーになれないのに
全然練習しない息子。

お世辞とは言えないくらいの運動音痴


子供に当たることもあったり
大声で怒鳴り散らすこともありました。


本当に辛くなって

このままサッカーを続けさせても
家族みんな辛いだけじゃないか!
と思って、
何度子供にサッカーを辞めさせようとしたことか・・・


だけど、
今では少しずつ認められ
サッカーの試合にも出られるようになり、
活躍もするようになってきました。

リフティングも176回出来るようになりました。


ブログには書けない
いろんな辛かった出来事、悲しかった出来事

特にレギュラーの親との確執や
レギュラーの子供から言われた心無い一言
などなど、


あまりブログで書くとバレちゃうとダメなので
メルマガでしか書かない話もあります。


その他にも
運動音痴でダメダメだった僕の子供が
サッカーが上手になった方法論や
思考法、
高校サッカーで全国大会に何度も出場した選手に教えてもらった

本当に大事なサッカーの練習のコツなどを
メルマガでは紹介しています。


登録はもちろん無料です。

僕のメルマガを読んでみて、
不要だと思ったら、即解除も可能です( ;∀;)

面白そうだなー
って思われたぜひお気軽に読んでみてください。


登録はこちらから




※このメルマガで紹介していることは 僕と僕の子供が実際に試した結果 効果があった方法です。
スポンサーリンク
運動音痴で補欠だった子供でもサッカーの試合に出て活躍できるようになった方法とは?

・子供が補欠でサッカーの試合に出してもらえない!
・補欠の愚痴を話すところが無い!
・子供が全然サッカーの自主練習しない
・このまま子供にサッカーを続けさせても良いの?
・今下手くそでも、いずれ上手くなるのかな?
・親がサッカー経験者じゃないので子供に何から教えて良いか分からない

そんなことで悩んでいませんか?

僕も同じような問題で悩んできた一人です。

試合に出たいと悔しがる息子。

だけど、
全然、自主練をしない息子。

お世辞とは言えないくらいの運動音痴

子供に当たることもあったり
大声で怒鳴り散らすこともありました。

本当に辛くなって

このまま子供にサッカーを続けさせても
家族みんな辛いだけじゃないか!
と思って、
何度子供にサッカーを辞めさせようとしたことか・・・

だけど、
今では、格段にサッカーが上手くなり
チームメイトやコーチから少しずつ認められ
サッカーの試合にも出られるようになり、
ゴールやアシストを決めたり、
ドリブルで相手をぶち抜けるようになってきました。

なぜそんなにも激的な変化があったのか?

それは、
子供にやる気を出させる方法やサッカーの練習のコツを知って
それを実践したからでした。

もしその方法に出会ってなければ
もしかして今頃、
子供はサッカーを辞めていた
と思います。

また僕たちの今までの出来事の中には
ブログには書けないくらいの
いろんな辛かった出来事、悲しかった出来事

特にレギュラーの親との確執や
レギュラーの子供から言われた心無い一言
などなど、

あまりブログで書くとチームバレしちゃうため
表立って書けない話もあります。

だけど、
絶対に同じような境遇の子供達はたくさんいるので
そんな辛いことはもう無くしたい。

だからこそ、
沢山の人に知って欲しい
と思ってます。

また、
僕自身がそうであったように
補欠の子供、補欠の保護者は本当に立場が弱いです。

言いたいことも言えず、
誰かに話す事も相談することも出来ません。

なぜなら
『あなたの子供がサッカーが下手だから悪いんでしょ』

相談してもそう言って突き放されるだけだからです。

そういった僕と同じような悩みを持つあなたと一緒に
情報を共有し
子供達にとって何のプラスもない補欠制度を無くしたい!

そう考えて
僕はより深い話が出来るように
情報を共有できるように
メルマガを発信しています。

登録はもちろん無料です。

僕のメルマガを読んでみて、
不要だと思ったら、即解除も可能です( ;∀;)

面白そうだなー
って思われたぜひお気軽に読んでみてください。

       登録はこちらから
            ↓   ↓   ↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事